MENU

コレステロールを下げる3つの方法

下げる方法@食事

 

下げる方法@食事

コレステロールを下げるためには、毎日3回は気にかけなくてはならない事は食事内容です。動物性の油脂を取りすぎると血中のコレステロール値が上がり、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

 

食事内容は和食中心の食事を心がける

 

魚や大豆製品から良質の植物性タンパク質を摂ることで、タンパク質の量は確保されます。コレステロールは植物性なので、安心して毎日摂り続けることができます。それと同時に野菜の煮物などで野菜をたくさん摂ることで、食物繊維や各種ビタミンやミネラルを摂ることができます

 

食事は体の内側から作用して血液中の値が変化するので、コレステロールを下げるには長期間継続することが必要です。一定期間で終わるものではありません。

下げる方法A運動

 

下げる方法A運動

身体の外側からコレステロール値を下げるためには運動があります。コレステロール値が高いだけの人は少しきつめのジョギングや階段の昇降で体に負荷をかけて体重をダウンさせるとより効果的

コレステロール値が高いのと同時に心臓疾患もある人には心臓に負荷がかかる運動はお勧めできません

そんな時はウォーキングとストレッチで緩やかに体重ダウンしてみましょう。体重を減らすことは血中の値が確実に減っていきます。心臓に負荷がかかり発作などが起こると大変ですので1か月〜3か月ほどの少し長い期間を設定して緩やかに体重を減らすことが重要

 

ウォーキングは即効はないため、1日に30分以上のウォーキングを毎日する必要があります。ウォーキング前に手足のストレッチをして怪我などに注意しましょう!

下げる方法Bサプリ

 

下げる方法Bサプリ

食事と運動でのコレステロールを下げる方法は、ずっと毎日続けることが必要です。でも時々おいしいものが食べたい、大雨でウォーキングも大変という日もあります。そんな時はもう1つサプリメントで対処する方法があります

 

日本製のサプリは企業の研究機関などで毎日研究されており、安心して飲むことができますし、また薬ではなく食品なので体に合わないアレルギーなどがある人以外は副作用は考える必要がありません

 

DHA・EPAサプリ

DHA・EPAサプリを決められためやす量を都合の良い時間に飲むだけでコレステロール対策ができるので、仕事などで忙しい時間を過ごしている人にはピッタリの対策

 

下記にコレステロールを下げるDHA・EPAサプリランキングを載せておきましたので参考になればと思います!

 

コレステロールを下げるサプリランキング

 

きなりサプリでコレステロールを下げる

きなりの特徴

きなりサプリはDHA・EPAの配合量が4粒あたりで500mgと豊富に含まれています。その上特殊な製法により従来サプリ特有の魚臭さをしっかりとブロック

しかも価格が初回67%OFF送料無料で1ヵ月たっぷり試す事が出来ます!

評価 評価5
備考 コレステロールを下げるDHA・EPAサプリの決定版
きなりの総評

きなりサプリは最高レベルの品質と安全管理をしっかりと行っているのでリピート率も驚異の92.3%

DHA・EPA+納豆のサラサラパワーを配合しているサプリ

 

美健知箋EPA&DHAでコレステロールを下げる

美健知箋EPA&DHAの特徴

DHA・EPAは酸化しやすいが、美健知箋EPA&DHAではビタミンEを配合し、酸化を防ぎます。徹底した品質管理でサプリは飲みやすく、溶けやすい構造になっています

コレステロールを下げる為に粉末タイプもあるので飲みやすい

評価 評価4
備考 初月の価格も非常に安いサプリ
美健知箋EPA&DHAの総評

DHA・EPAの中に含まれている必須脂肪酸のオメガ3には血液中の脂質濃度を下げる働きがあるので期待が持てる

 

ルックルックDHA・EPAでコレステロールを下げる

ルックルックDHA・EPAの特徴

ルックルックDHA・EPAプレミアムは無添加のDHAとEPAが配合されており、高いコレステロール値を下げる効能があり、血液をサラサラにするお手伝いをしてくれます

生食用のマグロの頭をふんだんに利用し、DHAとEPAを抽出しの無添加

評価 評価3
備考 新鮮なマグロの頭だけを使用で鮮度抜群
ルックルックDHA・EPAの総評

酸化防止と栄養の吸収をよくする為に、カプセルにも特別なリキャップスが使われています。品質にはかなり期待ができるサプリ

 

三黒の美酢でコレステロールを下げる

三黒の美酢の特徴

黒酢サプリメントで生活習慣病・血液サラサラにも適しているのが三黒の美酢

血液サラサラ効果の特許成分DHA・EPAをカプセルを製造されているので高い健康効果を発揮

評価 評価2
備考 安心の15日返金保証付き
三黒の美酢の総評

高いコレステロールの数値を下げたいなら、しっかりとサプリメント等で普段取りきれないDHA・EPAを摂取していくと良いかと思いますよ!

コレステロールを下げる食品

下げる食品@青魚

 

下げる食品@青魚

コレステロールを下げる食品で有名なものと言えば、EPAとDHAが多量に含まれる青魚が挙げられるでしょう。このDHAとEPAは青魚の中でも、ブリ・マグロ・イワシ・サンマ・アジなどの背中部分が青い魚に多く含まれることが解っています

 

EPA・DHAは必須脂肪酸と呼ばれるもので、体内では生成できないので、どうしても食品から取る必要があります。これらの物質にはコレステロールを下げる効果だけでなく、血液をサラサラの状態に保つ効果もあるため、中性脂肪やコレステロールで悩んでいる方にとっては最適な食品と言えます

 

このような効果が期待できる為、健康維持のための青魚の摂取は厚生労働省でも推奨されています

下げる食品A野菜

 

下げる食品A野菜

青魚以外で減少に有効な食品としてはいくつかの野菜も効果的と言われています。アブラナ科であるキャベツやブロッコリーに含まれるSMCSというアミノ酸は血中のコレステロールを減少する効果があると言われています

 

このSMCSをもっとも多く含むと言われているのはブロッコリーの花の部分で、2番目に多いと言われているのが、ブロッコリーの葉の部分、3番目がキャベツの芯になります。これらは日常生活で定期的に摂取するのが困難であるため、定期的な摂取にはドリンクやサプリなどの利用が有効ではないでしょうか

しかしSMCSは過剰に摂取してしまうと貧血の原因になる可能性もあるので注意が必要

下げる食品B果物

 

下げる食品B果物

青魚・野菜以外では果物の摂取でもコレステロールを下げる事が期待できます。ただ果物の場合は減少と言うよりも排出というほうが正確です。排出を促すために有効な成分はいくつかの果物に含まれる水溶性ビタミンのビタミンCです

 

このビタミンCも人体での生成が出来ないため、食品から摂取する必要があります。しかも水溶性で熱に弱いため、摂取が難しい栄養素の一つになります。その上、ビタミンCは体内にためる事も出来ないので過剰な摂取は意味がないだけでなく逆効果になる事もあります

 

摂取は適量を定期的に行う事が有効になります。ビタミンCは果物の殆どに含まれていますが、中でもキウイやイチゴ・柑橘系類の果物に多く含まれています。