MENU

肉よりさばなど青魚を食卓に

飽和脂肪酸の多い動物性脂肪を多く含んだ肉類は、LDLコレステロールのいわば大敵。それに対して魚介類は、中性脂肪を下げる不飽和脂肪酸をたっぷり含んだ良質のたんぱく源

 

青魚

不飽和脂肪酸の中でも特に注目されているのが、魚の油に含まれるEPAとDHAで、LDLコレステロールを下げる作用は弱いのですが、血中の中性脂肪値を下げます。さらにどちらも血栓形成の抑止力があり
動脈硬化

 

脳梗塞

 

心筋梗塞

 

の予防に力を発揮します。加えてDHAには、脳の働きを活性化して学習能力や記憶力を高める効果があるといわれています。認知症の予防や治療に役立つのではないかと期待されているのはその為

 

いわし、さんまなどの青魚は体質改善に良い

EPAとDHAは、青魚と言われるいわし、さんま、さば、あじなどに多く含まれています。それぞれがEPAやDHAに加えてビタミンやミネラル、カルシウムを豊富に含み、しかも優れたたんぱく源。つまり青魚は体質改善にもってこいの食材なのです

 

ほとんどの魚介類に含まれるタウリンというアミノ酸も、血中LDLコレステロールを低下させ中性脂肪を減らす働きや、糖の吸収を阻害する成分として見逃せません。さらにLDLコレステロールを増やし、肝機能やインスリンの効果を高めてくれます

 

青魚を食べるときに注意したいのは

青魚の干もので塩分をとりすぎてしまったり、古くなって保存状態が悪いと酸化しやすい不飽和脂肪酸が過酸化脂質に変性し、かえって体に悪影響を及ぼす事もあるからです。干ものは薄味で新鮮なものを選びましょう。

 

 

>>コレステロールを下げる TOP