MENU

有酸素運動の継続が効果的

食事療法と同時に運動療法を行うと、高LDLコレステロール血症の改善に相乗効果を発揮します。運動すると血中や体内に蓄積した中性脂肪が減り、善玉のHDLコレステロールが増え、さらに血中LDLコレステロールが低下します

運動不足を感じている人はもちろん、それなりに運動をしている人も、運動のメリットを知って効果的にLDLコレステロールを減らしていこう

運動するメリットは

 

エネルギーを消費して肥満を防止したり、血清脂質値や血糖値、血圧を下げることなどですが、ストレスを解消し、精神面にも良いと考えられています。運動は、脂質異常症を解消するためだけではなく、すべての生活習慣病の予防に効果的

 

無酸素運動と有酸素運動

無酸素運動

 

無酸素運動は、呼吸を止めて一気に行う

 

有酸素運動

 

息を吸ったり吐いたりして呼吸を整えながら時間をかけて行う

 

体内に蓄積した中性脂肪が効果的に燃えるのは有酸素運動

ウォーキング画像

有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、サイクリング、スイミングなどがありますが、最も簡単にできるのはウォーキングです

 

歩き方は、胸を張り、両手をしっかり振って、やや大またで、うっすらと汗をかき、息が少しはずむ程度の強さで歩くだけ。特殊なテクニックや体力は不要、特定の施設や用具を必要とすることもありません。しかも体に変調を感じたらすぐに中止できるので、より安全に実行することができます

ウォーキングはまさに理想的な運動と言えるのです

 

うっすらと汗をかく程度の有酸素運動を15分以上続けると、運動継続の為のエネルギーを得るため、体内に蓄積された中性脂肪の燃焼が始まります。中性脂肪が燃え始めるまでには時間がかかるので

15分に満たない運動ではほとんど効果はありません

 

可能な運動量は年齢や体調、症状によって個人差がありますが、できれば1日30分を目標にし、毎日続けたいものです。毎日が無理なら1日60分を週に3回でも同じ効果が得られます。―週間に3日、うっすらと汗をかく程度のウォーキングを目標にし、継続しましょう。

 

日常生活で様々な運動を取り入れよう

LDLコレステロールを減らすには、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的、ということは分かっていただけたと思います。でも実際に始めてみると
3日坊主で終わる

 

継続しても忙しさ

 

体調の悪さ

 

理由に中断してしまうことも多いようです。そこで、視点を変え、日常生活の中でもできる有酸素運動に注目してみました。ちょっと工夫するだけで、仕事や家事の合間でも意外に運動ができるものです。運動しなければとあまり意識せずに、日常生活のなかで気軽に体を動かす機会を多くしてみましょう

 

例えば

通勤途中や外出時の電車やバスは1駅か2駅手前で降りてあとは歩くようにする

 

車を使わず自転車を使う

 

自転車はやめて歩くように心がける

 

会社や駅などではエレベーターやエスカレーターの利用をやめて階段を利用する

 

掃除・洗濯

 

ゴミ出し

 

布団の上げ下ろし

 

庭木の手入れ

 

テレビやエアコンのリモコン使用をやめて切り替えは手動で行う

 

犬を飼っていれば犬の散歩

などいいでしょう。要は少しでも歩き、体を動かす機会をつくるということが大切

 

普段めんどくさいと言う理由で避けていたもの、便利だからと楽をしてきたことに着目すれば、運動はすぐにできるのです。特に掃除は運動量が多いので

窓ふき

窓ふき・トイレ・バスルームの掃除

 

部屋や廊下の雑巾がけ

 

などはいい運動になり、部屋もきれいになるので一石二鳥ですね

 

日常の運動、体をこまめに動かすことを習慣化

朝起きたら新鮮な空気を吸いながらラジオ体操やストレッチ、通勤の途中ではウォーキングや階段の昇り降り、電車やバスでは空席があっても座らず立ち続ける、就寝前には布団の上でストレッチというように、運動を自分の生活スタイルに取り込むことができればしめたものです

 

スポーツを楽しみながら長続きさせる

LDLコレステロールを減らすことを目的に行う運動は、一人で気軽にできるものがベストですが、気の合う友人とスポーツで汗を流すのも良いものです。仲間がいると、互いに励まし合いながら運動の楽しさを実感できるというメリットがあり、長続きする傾向にあります

 

ブランクがあるから

 

初心者だから

 

知人・友人がいないから

 

そんな理由でスポーツと疎遠になってしまうのは残念です。むしろスポーツを通して新しい友人関係を築いてみてはいかがでしょうか?

スポーツはは無理をせず続けることが大切

健康や体力づくりを目的に始めたスポーツは、それだけにとどまらず、スポーツ本来の楽しみに加えて、ストレスの発散、気分転換にもなります。スポーツを通じて親しい友人ができれば、社交の場ともなり、新たな生きがいも生まれてくるでしょう。

 

うっすらと汗をかく程度の強度で、運動中もさほど息がはずまず、胸もさほどドキドキせず、比較的楽に続けられるマイルドな運動の事です。

運動は無理をしないで、楽しみながら続けることが大切

テニス

その意味でも、友人や仲問の存在は大きいといえるでしょう。テニスやバドミントン、卓球なども、気の合う仲間と楽しみたいものです。途中で息がきれたり足腰に痛みが残るような運動は、あまり長続きしません。また勝敗にこだわりすぎるのもストレスになりよくありません

 

試合を真剣にやるよりも、軽い打ち合いなどを長時間続けるほうがコレステロールを下げるには効果的です。趣味としてのスポーツを楽しみ、健康的な体力づくりを目指しましょう。

 

 

>>コレステロールを下げる TOP