MENU

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の引き金に

高LDLコレステロール状態が直接的に引き起こす代表的な病気が、動脈硬化です

 

動脈硬化は

 

過剰なLDLコレステロールの血管壁への蓄積が関係する。アテローム硬化と、高血圧がおもな原因となる。細動脈硬化・の2種類に分けられます。通常、動脈硬化という場合は、アテローム硬化をさすケースがほとんど。もっともLDLコレステロール値が高いと高血圧になりやすいので、一部の細動脈硬化もコレステロールに遠因がある場合があるともいえるのですが・…

 

アテローム硬化は

 

脳や心臓などの太い動脈の血管壁にLDLコレステロールが沈着し、粥状のかたまりができて血管の内腔が狭くなった状態で、最悪の場合、血管がふさがってしまうこともあります。血管の内腔が狭くなると血流が阻害され、血液が十分に流れなくなってその先にある臓器や組織は虚血状態となり、酸素・栄養不足から細胞が死に、その機能を発揮できなくなってしまいます

動脈硬化は、単に動脈の異常にとどまらず、そこから新たな組織が死んでしまうという怖い病気が発生するという、恐ろしい病気なのです

やがて心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす

心臓は、まとわりつくように分布している冠動脈によって酸素や栄養の供給を受けています。この冠動脈に、動脈硬化による内腔の狭窄が起きると狭心症が、またその部分が血液の固まりで詰まると心筋梗塞が起こります

 

同様に、脳に通じる動脈が詰まると脳梗塞が、下肢に通じる動脈に狭窄が起きると下肢閉塞性動脈硬化症が起こります。そのほか、高血圧や不整脈などの病気にも動脈硬化が深く関わっている事があります。

 

高LDLコレステロール血症は、それ自体に特有の自覚症状が現れるわけではないため。沈黙の病気と言われています。動脈硬化も同様です。そのため気づいたときにはすでに病状が進行していることが多くなります。そこに恐ろしさがあるのです…

 

 

>>コレステロールを下げる TOP