MENU

狭心症・心筋梗塞 激しい胸痛で生命の危険も

動脈の内腔が狭まったり詰まったりして、血液がその先へ流れにくくなっている状態を。虚血々と言います。心臓を養っている冠動脈にそれが生じて起こる病気を、冠動脈疾患と呼んでいます。具体的には狭心症と心筋梗塞の総称と考えてください

 

狭心症

冠動脈は心筋に酸素を供給している動脈で、ここに血行障害が起きると、その先の心筋組織が酸素不足になります。

 

狭心症の場合は

 

血管の内腔が狭くなり、運動などにより、より多くの血流が必要になったときに血液の流量不足が生じ、心筋の一時的な酸素不足が起こり、強い胸痛や息苦しさなど特有の症状が現れます

 

運動をしている時ばかりでなく、精神的な興奮が生じたとき、急に温度差のある場所に移動したときなど、より多くの血流が必要となる状態が狭心症の発症の引き金になります。ただ冠動脈の血流が完全に途絶えているわけではないので、安静にしていれば、症状は2分程度から、長くても10分程度で収まります。病歴が浅いうちは継続時間が短く、発作を繰り返すうちに長くなっていくケースもみられます。

 

冠動脈が完全に詰まると心筋梗塞が起きる

動脈硬化により血管の内腔が狭くなると、そのあたりの血流の停滞から、血液が固まりやすくなります。そのかたまりが狭窄部に詰まった状態が血栓であり、冠動脈でそれが生じた場合を心筋梗塞といいます。

 

狭心症とは異なり、血流が完全に途絶えてしまうので、少しすれば収まるということはありません。心筋は酸素不足から壊死に至ります。壊死する部位や範囲によっては、心臓の活動が止まり、死亡することもあります。

 

心筋梗塞の発作は

 

狭心症と同様の条件下で起きることもありますが、むしろ安静時に起きるケースが多くみられます。発作が起きると、突然激しい胸痛に見舞われます。
顔面蒼白

 

呼吸困難

 

大量の冷や汗

 

などの症状を伴います。痛みは30分前後から数時間にわたって続きます。その問に意識を失うこともあります。

痛みが消失したとしても

それは発作が収まったためではありません。心筋のほか、その部分の神経も壊死してしまうため、痛みを感じなくなるに過ぎません。一刻も早い救急措置が必要です。状況にもよりますが、発作が起きてから治療を始めるまで1〜2時間が勝負だといわれています

 

 

>>コレステロールを下げる TOP