MENU

閉寒性動脈硬化症

動脈硬化は、全身の血管で進行する病気です。ただ動脈硬化自体には自覚症状がないため、その進行の程度などは、自分ではなかなか判断できません。閉塞性動脈硬化症の発症は、それを知る一つの手がかりになります

 

閉塞性動脈硬化症は、全身、なかでも手足の末梢動脈で動脈硬化が進んで発症する病気です。腹部から足にかけて起こることが大半であるため、閉塞性動脈硬化症は、一般に下肢閉塞性動脈硬化症をさす診断名として用いられています。

 

閉塞性とは

 

具体的には血行障害を意味します。血行障害が発生すると、そこから先への酸素や栄養の供給が不十分になり、いろいろな症状が現れ、動脈硬化の進行に対処しない限り、症状は徐々にエスカレートしていくのです

 

最悪の場合は足の切断が必要に

下肢閉塞性動脈硬化症が発症してまず現れる自覚症状は、強い運動や歩行のあとの、足のしびれや冷感です。動脈硬化がもう少し進行すると、歩いている最中に足の筋肉が硬直したり、痛みが生じたりして、歩けなくなるという症状が現れます。

 

この症状は少し休んでいるうちに消失します。休憩により酸素・栄養の消費が少なくなり、酸素が動いていない筋肉に必要な分は補充されるようになるからです。このような症状を。間欠性跛行と呼んでいます。

 

動脈硬化がさらに進行すると、静かにしていても足に痛みが感じられるようになります。ちょっとした傷がなかなか治らない、そのこのように進行する部分に潰瘍や壊死が生じる感染が加わるなどの
症状も出てきます。

 

最悪の場合

 

感染・壊死した部分を切断することになります

動脈硬化は全身で進行しています

閉塞性動脈硬化症が発症したということは、足の動脈硬化だけが進行しているのではなく、全身で進行していると考えられます。これは、たとえば心臓の冠動脈や脳の動脈も、硬化が進行している可能性が高いということです。

 

これは狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの虚血性疾患が発症する恐れがあるということにほかなりません。足の切断も含め、いずれも生活の質を低下させたり、命の危険を伴ったりする事態をもたらします。閉塞性動脈硬化症が現れたら、すぐに動脈硬化の進行を防ぐ対応をとることが大切

 

 

>>コレステロールを下げる TOP