MENU

卵は1日に何個までならOK?

卵画像

卵には特に卵黄部分にはコレステロールが多く含まれています。その為にコレステロールの多い食品の代表として、とりすぎてはいけないものとみられがちです

 

しかし、卵は必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質なたんぱく質源として、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ完全栄養食品として積極的にとりたい食べ物の一つなのです!卵のとりすぎによる弊害にまず警鐘を鳴らしたのは、1913年にロシアで行われた実験

 

実験でうさぎに食べさせてみた

うさぎ

コレステロールの影響を調べる為、うさぎに卵を食べさせ経過を観察したのです。著しい血中総コレステロール値の増加がみられ、動脈硬化の誘因としてうとまれることになったのです。

 

しかし、そもそも草食動物のうさぎに動物性脂肪を含んだ卵を与えれば血中のコレステロールが増加するのは当たり前。そこで人で調べた結果、ふだんの食事以外に1日に卵を3個、2週間食べ続けても血中総コレステロール値にほとんど変化がないというデータが得られました。

 

コレステロールを下げたい人だけ制限するべき

卵に限らず、コレステロールの多い食品を摂取しても、多くの人は必ずしもLDLコレステロールが増加するわけではないことが証明されました。卵を食べるとLDLコレステロールが上昇しやすい人で、LDLコレステロールを下げたい人は、制限すべきということなのです

 

卵には

 

悪玉LDLコレステロールを下げるオレイン酸が豊富

卵黄には

 

レシチンという脂肪が含まれ、血液のLDLコレステロールを減らす働きがあること、脂肪肝などを予防するコリンが豊富

卵白には

 

含まれるアミノ酸の一種シスチンもLDLを減らす効果がある事など、様々な効用が明らかになりました

 

卵はたしかにコレステロールの多い食品ですが、1日―個程度ならまず心配ありません

ただし、人によっては卵やコレステロールの多い食品をとると、LDLコレステロール値が上昇しやすい人がいることも事実です。そのような体質の人や、他の理由でドクターストップがかかっている人は卵を控え、それ以外の人は食べすぎなければ特に問題ないと言えるでしょう

 

 

>>コレステロールを下げる TOP