MENU

悪玉コレステロールを増やす最悪のメニューは?

肉の脂肪

高LDLコレステロール血症を招きやすい食事のワースト1位は、動物性脂肪(肉の脂肪)の多いメニューです

 

食生活の欧米化とともに日本人一人当たりの脂肪摂取量は急増し、昭和30年ごろに比べると3倍以上に増加しているのです

 

原因は食事の内容の変化

 

ハンバーガー画像

魚とみそ汁中心の和食から、肉、バター、クリームなどの乳製品がメインの洋食に移行、つまりコレステロールや動物性脂肪(飽和脂肪酸)を多く含んだ食事の摂取機会が増えたことにあると言えます

 

肉類に多く含まれる動物性脂肪をとりすぎると、血中LDLコレステロール値が上がり、体内に中性脂肪をため込んで肥満を促進し、糖尿病や動脈硬化、ひいては心筋梗塞や脳梗塞の危険性も高まります…

改善策としては肉類は食べる回数を抑えて必要なたんぱく質の半分または3分の2は魚や大豆製品からとり、同時に野菜をたっぷりとるようにする事

 

悪玉コレステロールを下げる理想のメニュー

動脈硬化を引き起こす原因の一つは、血液中の脂質であるLDLコレステロールと中性脂肪の高値です。脂質異常症はこれらの血中濃度が高い状態をいいますが、脂質異常症にならないためには、高カロリー・飽和脂肪酸の多い動物性脂肪・高コレステロール含有食品や甘いもの、果物、アルコールなどをとりすぎないこと

 

お肉なら

 

ヒレ肉ステーキ

ヒレ肉やももなど脂肪の少ないものを選び、脂肪の多い(ンバーグや肉団子などのひき肉料理、ベーコン、ソーセージ類は控えめにしたい所

野菜や海藻は

 

海藻サラダ

食物繊維は腸内で余分なコレステロールの吸収を妨げて揶耐を促す作用があるので、海藻サラダなどを一緒に食べましょう

青魚は

 

青魚

あじやいわしなどの青魚は、中性脂肪値やLDLコレステロール値を下げるといわれているEPAやDHAという2つの多価不飽和脂肪酸を含んでいます。魚は良質のたんぱく源でもあるので、積極的にとりたい食品

 

コレステロール値を上げにくくする油の使い方

油

脂肪酸の種類について少しふれました。脂肪酸、とくに不飽和脂肪酸の供給源は油です。油はしばしば使われる食材ですから、少し詳しく説明しておきます。

 

不飽和脂肪酸には

 

LDLコレステロールを減らす効果のあるものがあります。ただ、不飽和脂肪酸にもいくつかの種類があります。どのようなタイプの油でも、過剰に摂取すれば脂質異常症や肥満を助長する結果を招きます。LDLコレステロールの低減効果があるとしても、それは適度に摂取した場合であることを、忘れないようにしましょう。

 

常温で固まる油はコレステロール値を上昇させやすい

肉類やバターなどに含まれる動物性脂肪には、飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸はLDLコレステロール値を上昇させやすいので、過剰摂取は避けなければなりません

 

植物性脂肪でもやし油(パーム油)などは飽和脂肪酸を多く含んでいます。目の前にある油が飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のどちらを多く含んでいるかを見きわめるのは、難しいかもしれません。

 

チェックポイントは、常温(約20℃)での油の状態です。軟らかいかたまりになっていれば飽和脂肪酸を、液体であれば不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

 

 

>>コレステロールを下げる TOP